【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 自治体でも太陽光発電の助成金制度が導入されていますが、制度を実施している自治体の数はまだ限られています。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。

 

太陽光発電の助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が完了してからシステムの稼働開始後に可能となります。
なのでJ-PECへの申込が受理されることが無かった場合でも、自治体助成金の申請に間に合うこともあります。

 

国の助成金制度とは別に太陽光発電システム以外にエコキュートと呼ばれているモノもありますので検討してみてください。
また他の省エネ設備と一緒に設置しなければいけないという自治体も中にはあります。



【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:21/10/25

ぐっどいぶにーん♪

このところ、
「からだの脂肪を燃焼させる」というキャッチフレーズで
アミノ酸飲料が流行っていますよね。

実際、スーパー・コンビニなどの店頭には、
アミノ酸の種類・量が異なるアミノ酸飲料が
ずらりと並んでいます。

価格も普通のペットボトル入り飲料とほぼ同じなので、
「どうせ飲むなら…」と買われる事もあるかと思います。

とは言え…
アミノ酸をからだの中に取り込むと、
脂肪燃焼酵素である「リパーゼ」が
まず初めに活性化されます。
 
リパーゼは
からだに溜まった脂肪の分解をはじめます。
 
分解された脂肪が
血液中に送りこまれます。

そこで
有酸素運動をすることによって
脂肪を含んだ血液が筋肉に流れ込み、
からだの脂肪がエネルギーとして燃焼するんです。

つまり、
アミノ酸を摂取しただけでは
脂肪が燃焼することはなく、

からだに溜まった脂肪を燃焼させるためには、
運動する直前にアミノ酸を飲み、
半時間以上の有酸素トレーニングが必要なのです。

また、
アミノ酸は20種類ほどあり、
それぞれに特徴があって、からだへの役目も異なります。

各飲料メーカーから販売されているアミノ酸飲料は、
アミノ酸の種類や量が少なかったりということもあるので、
「シェイプアップに効きそうだ」とか、
「脂肪が燃えそうだ」という
先行したイメージで
シェイプアップ効果を期待しすぎないようにしましょう。

一方、アミノ酸飲料は
電解質バランスがよくからだに吸収されやすいので、
風邪をひいた時・疲れた時・トレーニングの前の
水分補給といった飲み方がおすすめです。

ただ、
アミノ酸飲料には糖分も含まれていますので
飲みすぎると、
シェイプアップの妨げになりますよ!

今日は、ここまで。

ホーム サイトマップ